格安タイヤのリスク|安い値段でできるタイヤ交換|地元の販売店で手軽に交換できる

安い値段でできるタイヤ交換|地元の販売店で手軽に交換できる

格安タイヤのリスク

作業者

インターネットを使ってのショッピングは一般化されているため、安い値段でタイヤを購入すれば、タイヤ交換の費用を抑えられると考える人は多いものです。ネット上には非常に安い値段で取引されているタイヤがあります。通常タイヤ交換を行なう店は、店で購入したタイヤ以外は交換を拒否するため、自分で買って自分で取り付ける人は少なくありません。しかし、タイヤの取り付けは素人が行なうとさまざまなトラブルが発生するため、問題となるのです。タイヤ交換を自分で行なう場合、タイヤのボルトの締める加減が判断できないことがあります。緩く締めた場合、走行中にタイヤが脱輪する可能性があるため問題ですが、強く締めすぎた場合も危険です。限界までボルトを締めてしまうと、ホイールへの負荷が強くなるため、走行中にヒビ割れや欠損が現れる可能性があるのです。タイヤ交換を行なう専門店に依頼すれば、外れることなくタイヤへの負荷もない適切な加減で締めてくれるでしょう。

ネットで販売されている値段の安いタイヤの多くは、中古のタイヤである場合があります。状態がよいタイヤだとしても、中古のタイヤは目には見えない劣化がある場合が考えられるので、多くの店では中古のタイヤ交換を断っているのです。古いタイヤはどのような事故が起こるかわからないため、店では責任が持てないとして値段の安いタイヤの持ち込みは禁止しています。たとえ新品のタイヤだとしても、安い値段で売られているタイヤは、何らかの欠陥があるアウトレット品の可能性があります。車にとってタイヤは走行の安全を守る要となります。正規店で正規のタイヤを購入し、取り付けてもらうことで、安全安心のドライブを行なえるようになります。